結婚を前提に。結婚を前提に付き合う、英語。遠距離、学生、結婚を前提に同棲、国際結婚

現在日本では女性の社会進出が進む一方で、

晩婚化が進んでいると言われています。


女性からの逆プロポーズもスタンダードになってきてはいますが、

やはり女性としては素敵なプロポーズを受ける事が夢ですよね。


素敵なプロポーズを受ける事を目指して、

女性はどんな生き方を選べば良いのでしょうか?

ここでは、結婚を前提に付き合うなら、

相手にどんな態度で接するべきか、

同棲はマストなのか、

そして遠距離や学生同士、

更には国際結婚まで視野を広げて紹介してきます。

 

 

結婚を前提に付き合いたいは男性に逃げられる?プロポーズは?その微妙なさじ加減とは?

最近はプロポーズをしてもらえない…と

悩む女性も少なくはありません。


結婚前提に付き合いたいと言ったら逃げられてしまう、

期間を決めて付き合うと決めていても、

「もう少ししたらプロポーズしてくれるかもしれないし…」

と期待して、

なかなか別れられずずるずるいくパターンもあります。


逆に、付き合った時にお付き合いの期間を決めていた筈なのに、

その期間を過ぎてもプロポーズにたどり着かないパターンもあります。


これには、男性の甘えもあります。

男性は女性よりも、

結婚に対して消極的になる傾向にあります。

家庭を持った時の重圧や、

これから家族を養うという責任感などが相まって、

結婚へと踏み切れないというのです。


そして、そこに女性からのプレッシャーを感じてしまうと、

最悪の場合別れに発展する場合もあるのです。


結婚を焦ったとしても、

やはり大切なのは男性をせかさない事ですね。

男性のタイミングでプロポーズが来るのを待つのが、

一番付き合いを円滑に運ぶ方法だと言えます。


しかし、あまりに付き合いがずるずるいった場合や、

期間を決めても一言もなしに

婚約を延期するような相手には

将来を預けるのは不安でしょう、

一度相手としっかり話し合いをする事をお勧めします。


結婚を前提に話を進めていたのに逃げるような男性は論外ですから、

別れて良かったと思っておきましょう。


付き合いを深める中で

結婚に発展していくケースもありますし、

最初はあまり結婚というのを

前面に押し出さないようにするのがいいでしょう。

 

 

 

告白、そして結婚を前提にした同棲はNG?メリットとデメリット

告白を経て付き合いを深め、

プロポーズを受けて婚約へと進んでいくのですが、

その過程の中で結婚を前提に同棲する選択をする人もいますが、

それが悪い方向に転ぶ事もあります。


ここではメリットとデメリットについてお話していきます。

 

〇メリット


・相手の人間性を深く知る事ができる


・お互いの生活のすり合わせを結婚前に行える


・結婚後のルールなどを決めるきっかけになる


・長い時間相手と一緒に居られる

 

結婚前提の同棲をする事で、相手の良い面も悪い面も見る事が出来て、

結婚後の生活もスムーズに想像出来るのも

メリットと言えるでしょう。

 

〇デメリット


・結婚せずに一緒に居られる楽さからずるずるいく場合がある


・同棲する中で相手の嫌な面ばかり目について別れ話に発展する場合がある

 

良く言えば、

結婚する前に気付けて良かったという事に繋がりますが、

同棲をきっかけに別れに流れる場合もあるのは

把握しておきましょう。

 

 

 

国際結婚や遠距離恋愛、学生の場合はどうなの?

国際結婚の場合は距離がありますし、

英語を駆使してのコミュニケーションになりますよね。

更に国が違うので習慣も違うので、

同棲はした方がお互いのすり合わせも楽になるでしょう。


遠距離恋愛の場合も、

「寂しいね」などの理由を付けて、

相手と同棲に踏み切る言葉を

コミュニケーションの中に織りまぜていくのもお勧めです。


学生同士の場合は、

やはり親との兼ね合いもあり、

勝手に同棲をする事で親から悪い印象を持たれる事もあるので、

学生での同棲は親への挨拶は必ずしておきましょう。


学生時代から同棲する事で、

より相手を深く知れて結婚に発展するパターンもあるので、

必ずしも悪いとは言えません。

 

 

結婚を前提に付き合うなら、同棲の期間を!必ずしてみよう!

どんな付き合いのパターンだったとしても、

同棲はやはり結婚した後の喧嘩や別れを

防ぐ為にも

必ず経験しておいた方がいいでしょう。


結婚よりかは同棲の方がハードルも低いので、

女性からも持ち掛けやすいと思います。


いきなり結婚に飛躍するのではなく、

同棲を勧めてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

Don`t copy text!